概要OVERVIEW

 「BEST ENGAGEMENT AWARD」とは、従業員を大事にしている企業様、従業員の幸せを一番に考えている企業様の為のアワードです。 従業員を大切にしている企業様に共通して言えることは、皆がイキイキわくわく働き、成長著しいという点です。 「BEST ENGAGEMENT AWARD」を通して1社でも多くの企業様が成長し、1名でも多くの従業員がイキイキわくわく働けることを願っております。

 アワードの流れとしては、まず企業様より従業員エンゲージメント向上の為に創意工夫している点などの項目にご回答いただき、エントリーをお願いいたします。 その後、BEST ENGAGEMENT AWARD運営局による書類審査、面談を挟み従業員エンゲージメントの高いあるいは従業員エンゲージメントを高めるために素晴らしい取り組みを行う企業様を選出いたします。

 今回は記念すべき第一回開催ということで厳正なる審査によって選出させていただいた素晴らしい企業様が、今後益々のご発展とその分野を代表するような企業様になりますことを願っています。

  あわせて弊社もBEST ENGAGEMENT AWARD運営の名に恥じぬよ、う自社内の従業員エンゲージメント向上に努め、関係企業様の成長に貢献し、企業活性の一助となりますよう精進します。

選考基準CRITERION FOR SELECTION

仕事のやりがい、人間関係、待遇企業の理念やルールなど10の選考基準からどのくらい“社員を大切にしているか”を数値化して審査します。その後、有識者との面談などの公平な審査の末、選ばれた企業様に、映えある BEST ENGAGEMENT AWARD を表彰いたします。

  • ITEM 01 やりがい・職責ITEM 01やりがい・職責
  • ITEM 02 成果・成長ITEM 02成果・成長
  • ITEM 03 協力体制・支援ITEM 03協力体制・支援
  • ITEM 04 人間関係ITEM 04人間関係
  • ITEM 05 承認ITEM 05承認
  • ITEM 06 理念・ビジョンITEM 06理念・ビジョン
  • ITEM 07 企業文化・ルールITEM 07企業文化・ルール
  • ITEM 08 待遇ITEM 08待遇
  • ITEM 09 評価ITEM 09評価
  • ITEM 10 健康ITEM 10健康

選考の流れSELECTION PROCESS

  1. 01 /応募フォームからのエントリー応募するENTER FOR THIS AWARD
  2. 02 /アンケート結果の数値化によるポイント審査11月初旬
  3. 03 /有識者との面談による対面審査11月下旬
  4. 04 /BEST ENGAGEMENT AWARD 発表 • 表彰来年1月下旬

代表挨拶MESSAGE

日本に組織エンゲージメントの重要性を広める。
こんなデータがあります。エンゲージメントの高い「熱意溢れる社員」は、日本企業はたった6%。米国の32%と比べて大幅に低く、調査した139か国中なんと132位と最下位レベルでした。さらに、「周囲に不満をまき散らしている無気力な社員」は24%、「やる気のない社員」は70%に達しているそうです。

かつて日本は勤勉で、愛社精神を持って会社に貢献する。そんな時代からいつからこうなってしまったのでしょうか。もちろん企業にも問題があります。バブル崩壊後、企業の収益が激減し、コスト削減や人的カットが強くなったことも背景に企業は収益をあげる苦肉の策として過度な業務量を与え、従業員を酷使してきた。それがブラック企業という良くない言葉まで生まれてしまいました。ただ、これからの企業の未来は、会社の目指すべき方向性と個人の目指すべき方向性をしっかりと理解し合い、共に同じ方向を向く。組織エンゲージメントを高まることが業績向上と働く人の熱意を取り戻すことに繋がります。

そんな日本でエンゲージメントの高いキラリと輝く企業が1社でも多くたくさんの人に認知してもらう場所として、「BEST ENGAGEMENT AWARD」を開始しました。日本で1社でも多く社員を大切にしている会社が広まっていけば光栄です。